当前位置:首页 > 新闻资讯 > 百科知识 > 正文

SKD11の焼入れ焼戻しで図面での指定硬度がHRC58~62となっています。

来源:本站 编辑:管理员 更新时间:2019-10-14 点击:879次

Q:SKD11の焼入れ焼戻しで図面での指定硬度がHRC58~62となっています。熱処理を依頼するときに低温焼き戻しにするか、高温焼き戻しにするかと聞かれてもこちらは素人なのでどうしたらよいのか分かりません。判断基準を教えてください。

A:SKD11の場合

HRC58~60の場合は高温焼き戻し

HRC60~62の場合は低温焼き戻し

を選択しています。

いずれの焼き戻しを選択しても図面の指定硬度は満たしますが

次のことに注意する必要があります。

【高温焼き戻しの選択基準】

HRC58~60

後加工で放電加工やワイヤー加工がある場合

熱処理後にコーティングなどがある場合

靱性重視(靱性>硬さ)

寸法変化はプラス傾向

※プレート形状で反りを強制する場合は必然的に高温焼き戻しになります

※弊社では高温焼き戻しは通常大気炉で行っています

 

【低温焼き戻しの選択基準】

HRC60~62

後加工は研磨等 硬さ重視(硬さ>靱性)

寸法は0~マイナス傾向

※プレート形状で反ってしまったときは高温焼き戻しをして反りの矯正を行ないます

※弊社では低温焼き戻しは通常真空炉で行っています

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。